借入れに欠かせない審査とは

消費者金融や銀行などから借入れをしようとする時、必ず通過しなければならないのが審査です。(借入れの手順を解説審査はその会社独自の基準で行われる部分もありますが、基本的にはほとんど同じといっても良いでしょう。審査は、大まかにいうと2つに分類することができます。一つ目は属性といわれるものです。氏名や住所、連絡先といった基本的なものから、勤め先や勤続年数といったものが含まれます。この内、重要なのが勤め先と勤続年数です。いまにも潰れそうな名前もよくわからない零細企業よりも、安定した大企業の方が、お金を貸し付ける側としては安心できるというわけです。勤続年数は長いに越したことはありませんが、最低でも1年以上は働き続けていることが望ましいといえます。どうしてもお金を借りる必要があるという場合でも、ここにウソを書いてはいけません。消費者金融も銀行も、申込書に記載された勤め先に在籍確認の電話を入れるので必ずバレて借入れすることはできないようになっています。在籍確認の電話は、比較的借入れしやすいといわれている消費者金融であっても必ず行うものなので注意しましょう。

そして二つめの審査は信用情報といわれるものです。これは、消費者金融や銀行などが所属する信用情報機関というところに問い合わせ、申し込み者の今までの信用情報について調べます。まったく関係のないクレジットカード会社の支払い情報なども、すべての信用情報が集められているのが信用情報機関です。過去に遅延が続いていた時があるとか自己破産を起こしているなど、さまざまな情報をここで照会して、貸し付けて回収できる人物かどうかを判定する材料にしているわけです。また、消費者金融の場合は、総量規制といって、年収の1/3以上借りることができなくなっています。この規制は他社の借入れも含められるので、信用情報機関に問い合わせて他に借入れがないかも調べられことになり、もしもオーバーしていれば借入れはできなくなります。