借入金の可能額はどう決まるのか

キャッシングやカードローンなどで借入金を申し込む場合、その可能額というのはどのようにして決まるのでしょうか。これは、一つには総額規制という決まりがあります。ある人の借入金の総額を、その人の年収の三分の一までに制限するという決まりです。これは本当に総額としての可能額ですから、複数のキャッシングを借りていたとしてもその合計金額は三分の一までに制限されてしまうわけです。例えば年収450万円の人であれば150万円ということになります。ここで気になるのは、他のキャッシング会社からの借入金など申し込み時に分かるのかということを考えるかもしれません。確かに他社からの借入金がいくらあるのかということが分からなければこのような制限などしようがありません。

しかし、もちろんこれは分かるようになっているのです。あるキャッシング会社からの借入金というのは、個人情報機関というところで一元的に管理されており、そこに照会を掛けることで分かるようになっています。その情報を元に審査が行われているわけです。ちなみに、自分で自分の情報の照会を行うことも、手数料はかかりますが可能です。もう一つ気になることがあるとすれば、本人の年収などそこまで正確に把握できるのかということでしょう。年収の三分の一が借入可能額ということは、本人の年収を把握しないことには始まりません。これは、一つには申し込み時の申告があります。申込書には年収を記載する欄があるはずです。しかし、あくまで本人申告でしかありません。意図的に虚偽の記載をするとか、意図的とまでいかなくても間違った記載をした場合にはどうなるのでしょうか。これは、キャッシング会社を甘く見てはいけません。どんな会社に勤めていて、どれくらいの年齢で勤続年数は何年くらいという情報から、だいたいこれくらいの年収になっているはずだということは、ガラス張りとまではいかなくても彼らにはだいたい分かっているのです。